注目キーワード
~ シンプル・イズ・ベスト ~

【40才過ぎて正社員になれた理由】~制服がもたらした威力と魅力~

 

こんにちは
いろは(@simple_168)です

 

実は私、40才過ぎてから再び 正社員 に返り咲くことができました

 

 

そこへ導く鍵となったもの

 

それは私がいつも愛用していた 自前の制服(事務服)でした

 

今日はそんな「制服の威力/魅力」について、お話したいと思います

 

その前に少しだけ、私のことをお話してもいいですか

 

 

私の社会人経歴

 

1.大手企業で3年間、正社員で勤務し寿退職 

2.数年後離婚し、中小企業で15年間、正社員で勤務し退職

.その後3年間、派遣社員で5社勤務

4.そのうちの中小企業1社から、 正社員のオファーを受ける

 


武器となる資格無し、勉強苦手、高卒、子供二人を抱える「母子家庭40才過ぎの私」を、再び正社員へと導いたもの

 

それは「制服の威力」だったと思うのです

 

一体どういうことかというと

 

それを話すにあたり、もう少しだけ私の経歴におつきあいいただけると嬉しいのですが

 

もし興味が無ければ、ここはサッと読み飛ばしてくださいね 

 

私には、成人の娘が2人います

 

娘が4才2才の時に離婚し、働きながらひとりで育ててきました

 

再び、正社員になるまでの道のり

 

1. 離婚当時は無職。必死で就活をするも 10社以上 落ちる(幼子2人という理由で)

 

2. 子供を養っていくため捨て身で就活ある中小企業・製造業「検査課/出荷係」時給800円 のパートで雇ってもらえることとなる

 

3.家賃23,500円 のアパートに親子3人暮し。娘2人を市の 保育所 に預けて働く

 

4.1年後、工程課(事務職)へ異動となる

 

5.娘の将来を考え 時給800円 では厳しいと思い、正社員 を目指して 猛勉強

 

6.翌年、「準社員」へ昇格

 

7.更に猛勉強を続け、3年後「正社員」へ昇格

 

8.トータルで 15年勤務

 

9.担当職務を任されて前向きに頑張るも、娘が中学と高校の時、無理がたたり心身を壊して退職

 

10.その後、派遣会社 15社登録

 

11.高時給・好条件先が見つかるたびに、次々と乗り換えながらトータル5社勤務

 

12.その中の1社から、2年の歳月を経て「正社員雇用」でのオファーを受ける

 

13.当時勤務の企業でも本採用の話しがあり、2択で悩むがオファー企業へ正社員で就職

 


なぜ私だったのか

 

オファーをいただいた会社では、1ヶ月間だけ 派遣社員で働きました(病欠代理で)

 

2年後、その病欠女性が退職することになり、欠員募集が出されました

 

15人ほど面接を行ったそうですが、なかなか採用したい人がいなかったそうです


そのとき社長は 以前1ヶ月だけ派遣で勤めていた私 のことをパッっと思い出し、来てほしいと思ったそうです

 

そこで社長は人事担当者へ、私を探し出して ダメモトで声をかけてみるよう 命じました


そしてある日、人事担当者が直接 私の自宅へ訪ねて 来たのです

 

今の時代ではありえないようなドラマみたいな話しですよね、、たった1ヶ月しかいなかったのに

 

しかもそれから2年も経っていた のですから


こんなことってあるんですね

 

なぜそのような、普通ならありえないことが起きたのか?

 

自分なりに分析してみました

 

やはり自前の「制服効果」が大きかったと思うんです


もちろんそればかりではないと思いますが、制服の威力 は私にとって想像以上のものでした

 

私が制服にする理由

派遣で事務職系の場合「仕事着は私服」 という会社がほとんどでした

そのため私は予め、自前の制服/事務服 を準備し、それを「自分の制服」と決めました

そして、どこへ勤める時も、必ずその制服を着用しました

 

制服にした理由

 毎日のコーディネートを、考える余裕がない

 似合わない服は、仕事のパフォーマンスを落とす

 着回し用で服を増やすのは、お金と収納場所の無駄

 服を買うお金/時間がない

 

制服のメリット

 毎朝何を着るか、考えなくてよい

 毎日の洗濯は、ブラウスだけ

 釣るし収納が、制服だけでスッキリ

 きちんとしたイメージ

 パフォーマンスが上がり、仕事に集中できる

 

私の制服

事務服のベスト&スカートを、事務服・作業着専門店(ミドリ安全)から購入し、毎日ブラウスだけを交換 すれば済むようにしました

 

色はブラックで上下セット品。ブラウスは白です(上記写真)

 

私はこのシンプルな白黒スタイルが一番好きなんです

 

清楚で清潔感 ありますし、気分もシャキッとします

 

肌寒い時はベーシックな黒カーディガンを羽織り、通勤時は 黒スーツの上着を 着用しました

 

生活、仕事、子育てに必死の日々でしたので、お洒落やコーディネートを考える余裕なんてどこにもありませんでした

 

ましてや 似合う私服 など、一着も持っていませんでした

 

なので 制服が 私には一番似合って いたのです

 

着ていてとてもしっくりきますし、制服を着てる時が一番落ちきました


私服のときは、知ってる人に会わないといいなと隠れるようにしていました

 

制服の時は、逃げも隠れもせず、いつも堂々としていることができました(笑)

 

 

ひがみ、やっかみは想定内

制服をきていると、先輩の派遣社員にひがまれ「制服じゃなくて普通の私服で全然いいのよ」と、嫌味を言われることも度々ありました

 

制服のほうが私服より「格が上」みたいな感じがしてイヤなのでしょう

 

制服のほうが、会社や上からのウケが良いので面白くないのでしょう

 

上にいい顔していい子ぶって、気に入られようとしてるふうに見えて、ムカつくのでしょう


気持ちは分かります。こういう「ひがみ、やっかみ」もあるだろうな~ということは初めから想定していました

 

でも「言いたい人には言わせとけ」が私の考え

 

そんなことより私は、自分の生活の方がずっと大事なんで、なに言われても引くつもりサラサラありませんでした

 

ひがむなら自分も制服にすればいいのです

 

まぁなんでも後からですと、真似したみたいになるのがシャクで出来ないんでしょうけど

 

こういうトラブルも最初のうちだけで この人はそういう人なんだ と思われれば、大抵はあきらめて何も言わなくなってくるものです

 

そういう人はどこへ行っても必ずいて、本当にメンドクサイです 

 

 

制服に対する企業側や上からの印象

 

こちらに関しましては、後日談として伺う機会がありました

 

〈 好印象 高評価 清潔感がある 真面目できちんとしたイメージ 〉

制服を着用することによる「印象・イメージ・反響」は想像以上に大きかったです

 

もちろん、挨拶や勤務態度、実務にも気を配りました


ですがもしあの時、私服勤務 だったなら、社長や上の方達は、私のことをわざわざ思い出すことはなかったでしょう 

 

オファーしたいとまでは思わなかったでしょう

 

1ヶ月というほんの僅かな期間に、制服の与えた印象・イメージ は、社長や上の方達へ強烈な印象として刻まれていたようです


そして 数年後「あの人に来てほしい」と 思い出してもらえるきっかけ となったことは間違いありません

 

私が正社員になれたのは「制服の威力」があったからこそなのです

 


私にとっての制服

制服は私にとって、あくまでも 効率的生活の手段 でした

 

毎日の服を考える、時間の排除。一番似合う服だけで最小限に暮らすための手段

 

それは「モノと思考の無駄を省き、大事なことに集中する」いわゆるミニマリスト思考 です

 

それに制服を着用すると、背筋がキリっと伸びパフォーマンスも上がりますし 自分に一番似合うスタイル なので、この上なく最高でした

 

企業側への ウケ狙いや計算 は、一切ありませんでした

 

とにかく当時の私は、子育てしながら仕事を続けることだけで精一杯、必死でした

 

あとから考えてみた時に、そのことが 想像を超えたメリット となって返ってきたのです

 

制服が大好き

 

私は働く人の 制服/ユニフォーム姿 がとても大好きです

 

炊事をする母の白い割烹着姿、医師やナースの白衣姿、OL・サラリーマンのスーツ姿、現場で働く人達の作業着姿、、、職業によってユニフォームは様々ですが、皆それぞれ職業や目的に適したユニフォームです

 

自分の仕事に使命感を持ち、一生懸命働いている人の制服/ユニフォームは、その人の魅力を最大限に引き出し、そして際立たせます

 

その姿、姿勢は どんなにお洒落にもかなわないくらい 素敵で、魅力的で、とても輝やいてみえます

 

そんな私の愛してやまない 「制服/ユニフォームの威力と魅力」 についてお話しました

 

 

さいごに

 

そして最後にもうひとつだけ、私の感じた大事なこと


それは、どんなちいさなこともおろそかにせず 全力で取り組むことの大切さ です

 

そのこともオファーにつながった、要因のひとつでした

 

どこの世界でも 見てる人は必ずいる のです

 

ただ自分が気づかないだけで

 

そしてそのことは、いつどこでどんな形となってあらわれるかわかりません

 

良いことも悪いことも、自分のしたことは必ず 自分に返って きます

 

そのことを身をもって感じ、学んだ出来事でした

 

以上となります

 

最後まで読んでくださいまして、本当にありがとうございました

 

心から感謝申し上げます

 

おわり

 

\ 応援CLICK いただけると励みになります/
  ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(40代女性)へ
にほんブログ村


シンプルライフランキング

こちらもおすすめ

私は、無地でホワイト一色の   へインズTシャツの愛用者です   このTシャツが大好きでたまりません   [gallery columns=“1” size=“full” i[…]

こちらもおすすめ

こんにちは いろは(@simple_168)です   今日は、昨日ツイートした内容につきまして、詳しく綴っていきたいと思います     近所づきあいの全くない、100世帯[…]


見にきてくださってありがとう!   こちらはオリジナルスマホケース【写真ギャラリー】です   始めてまだ日が浅いため、完全に納得のいく作品ではないのですが、デザインの一部をご紹介していきます […]

★当サイトは「ザ・トール」で作成しております
こちらのテーマ、とてもオススメです

最新順 [site­card sub­ti­tle=★ url=https://simple-168.com/bannou-niradare] [site­card sub­ti­tle=★ url=https://simple-168.c[…]

シンプルライフシリーズ【全記事一覧】 [site­card sub­ti­tle=★ url=https://simple-168.com/book-stand] [site­card sub­ti­tle=★ url=https://si[…]

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE